職務経歴書の書き方

どんどん書類審査に通過して内定をもらうための職務経歴書の作り方!

職務経歴書の作成ってじつはなかなか大変ですよね。初めての転職であれば、そもそも職務経歴書が必要になることも知らないと思います。

 

私も、1年ほど前に転職をするため職務経歴書を作りましたが、けっこう時間がかかりました。

 

その中で時間がかかった点が2点ありまして、1つは「職務経歴書のテンプレートを探す時間」で、もう1つが「テンプレートを決めてからワードの修正をしていた時間」でした。
いまはほとんどの人がテンプレートを基本にして自作すると思いますが、このテンプレートもたくさんの転職サイトで配布しているので、どれがいいのかまず最初はわからないんです。良さそうなのを探して、実際に使ってみて・・・と自分にあった経歴書テンプレートを探すだけなのに、かなりの時間を使いました。

 

テンプレートはワード形式でダウンロードできるところが多く、ワードで入力、修正していくのですが、これがまた大変です。内容の入力だけならテキストを打ち込むだけでいいのですが、ちょっとデザインを変えたいという時にワードがすごく使いづらい。

 

枠のデザインを変えてみると、枠組み自体がずれてしまって戻せなくなってしまったり。そうなると結局「シンプルなデザインのテンプレートじゃないと駄目だ」となって、またテンプレート探しに戻ったりしていました。

 

何回か失敗して、ようやく就業先に提出する職務経歴書が出来上がったわけですが、そのときの経験を元に、書類審査に通過するための職務経歴書の効率的な作成方法を紹介したいと思います。

 

ポイントその1.まずは、職務経歴書のサンプルを探しましょう。

 

職務経歴書を作る時に間違っても1から自作しようとしないで下さい。いまは転職サイトなどで配られている無料のサンプルを利用して作るやり方が一般的です。

 

自分にあったサンプルを見つけたらワードで編修して自己PRや職歴などの文言を書いていけばOKです。

 

実はこのサンプル選びがけっこう厄介でして、しっかりとしてかつ見た目がいい物ってなかなかありません。このサンプル探しに下手すると2〜3日かかる人もいるのではないでしょうか。

 

そこで私が探してみて「これはいい!」と思った職務経歴書テンプレートが使えるサイトを2つ紹介します。

 

ルーシッド職務経歴書

 

1つめはルーシッドといって、転職サイトではないのですが職務経歴書の自動作成サービスになります。ここがいいのはダウンロードしてワードで編集するのではなく、自分でテンプレートを1つ選んで、サイト上で編集ができることです。とにかくデザインや内容の編集がとても簡単です。

 

全部の内容を入力した後にデザインが変えたくなってもOKで、クリックだけでテンプレートを変更することができます。次に経歴書を作るときは、このサービスを使ういたいと考えています。ただし便利ですが有料となります。経歴書を作成するのはタダですが、そこからPDFファイルを生成するときにお金が280円かかります。PDFファイル化しないと印刷できないので、利用時には280円かかると思ってください。

 

作成の手間隙を考えると非常に安いと思います。

 

リクルートエージェントの経歴書テンプレート

 

転職サイトの経歴書テンプレートでおすすめしたいのがリクルートエージェントのテンプレートです。最初見たときに、非常にしっかり作りこまれているなと感じました。実際に使ってみたのですが、ワードの編修スキルが足りず断念しています。ワードの編集スキルがあれば、こちらはおすすめです。

 

 

テンプレート選びが終われば、職務経歴書作りは半分終わったようなものです。

 

後は「職歴」「自己PR」などの項目を入力していく作業になります。この内容を考えるのにまた時間がとられます。

 

 

ポイントその2.職歴や自己PRなどをまとめて書く。

 

サンプル選びが終わったら、あとは名前、自己PR、職歴、志望動機などの入力です。

 

タイトルや日付や名前などは簡単ですので、実質的に考えて書く項目というのは「職歴」「志望動機」「自己PR」「資格」などになります。

 

これらの項目ですが、これまでの仕事の履歴をまとめた「職歴」は必ず必要になると思いますが、自己PRや志望動機や資格については入れてもいいですし、外してもかまいません。自分の判断になります。私の場合は志望動機については外して、いままでの実勢などを自己PRとして書いたような気がします。

 

【職歴】

 

職歴は今までの仕事の経歴をまとめたものになります。一般的に若い頃に働いた仕事の履歴を、上から順々に書いていきます。が、転職回数が多かったりすると1番アピールしなくてはならない直近の仕事内容が、かなり下の方になってしまいます。

 

そうなると意味がありませんので、「新しい職歴から上に書いていく」ことをオススメします。私も直近の職歴を1番上にもってきて、若いころの職歴は下にするようにしました。

 

【自己PR】

 

自分がこれまでの仕事で残してきた実績や、強みなどを体験談を交えて書くことになります。相手が読んでわかりやすいように、できる限り数字にして書くとアピールしやすいと思います。営業であれば販売件数○○件ですとか、チーム内で1番になったなとです。

 

数字にできない仕事の場合、どうやってアピールするのか難しい場合が多いです。そういった時は例文を載せているサイトをまわって、書き方を参考にしてください。志望動機や自己PRはけっこう書けるかなと鷹をくくってしまいたが、もいざ書くとなると全然かけませんでした。

 

そこでおすすめしたいのがこちらです。

 

行列のできる職務経歴書相談所

 

人材バンクネットが作成している職務経歴書の書き方マニュアルです。このサイトがいいのは、ケーススタディごとに細かくアドバイスが書いてあることです。

 

そのため「異業種を目指す場合のPR方法」や「職歴が多い場合の書き方」など、1人1人にあった書き方がわかります。1つ1つ調べていくよりも、このページをまとめって読むことで実践的に書き方がわかると思います。

 

ここまで「テンプレート選び」と「項目別の書き方」の2点だけしか説明していませんが、この2点を抑えるだけでも書類審査が通る確率は格段にあがると思います。

 

次に3点目のポイントとして、出来上がった経歴書の送り方になります。

 

 

ポイントその3.書類の郵送方法やビジネスマナーをしっかりと

 

職務経歴書が出来上がったとしても、書類審査に通過するためには郵送しなくてはいけません。郵送するにもどういった封筒が必要で、封筒には何をどう書けばいいのか?といったこともしっかり把握しておきましょう。

 

【履歴書の作成】

 

転職の場合、メインとなるのは職務経歴書ですが、履歴書も作成して同封するのが一般的です。派遣登録の場合でも職務経歴書に加えて履歴書を提出する場合が多いと思います。

 

【添え状の作成】

 

企業に郵送する場合は、さらに「添え状」というのも書いて同封するのが一般的ではないかもしれませんが、ビジネスマナーです。これも独特の書き方がありますので、下記で紹介しているDODAのページを読んで参考にしてください。

 

履歴書や添え状や、郵送方法などについて詳しく説明してくれています。私が探した中では1番わかりやすく説明してくれているページになります。

 

送付状・封筒の作成で注意すべき7つのポイントとは

 

 

以上、職務経歴書を作るうえで大切な3つのポイントの紹介になります。

 

 

 

さらに書類審査を通過する確率を上げる方法。

 

 

職務経歴書の作成となると、転職する時にはじめて作ることになる人がほとんどだと思います。

 

1〜2日しっかり時間をとっても、「どうやって自己PRを書こう・・・」「職歴のまとめ方はどうすれば?」と1つ1つに時間がかかってしまうのが当然ですし、1回や2回作っても内容に不備があるのは仕方ないと思います。

 

自分で内容を見直して作りなおしていくのもいいですが、ここは転職のプロに見てもらって添削してもらうという方法もあります。それが転職エージェントになります。

 

ポイントその4.転職エージェントを利用する。

 

転職エージェントを知っている人は多いと思いますが、リクルートエージェントなどが大手となります。

 

利用登録してみると、まずは面談にいくことになるのですが、専任の担当者があなたにあった求人を探してきてくれるだけでなく、面接や職務経歴書の書き方についてもレクチャーしてくれます。また求人を紹介してくれますし、その求人の会社がどのようなところなのかといった雰囲気まで把握しているエージェントは多いです。

 

転職のプロに指南してもらえることになりますので、心強いサポートとなります。ただし、転職エージェントといっても担当者次第のところがありますので、もし信頼できない人だったり不安を覚えるような会社であれば、割り切って次の転職エージェントを利用しましょう。

 

冷たいような感じもしますが、そこは転職だと割り切って、ある程度はドライにいくべきです。

 

転職エージェントを利用することで、さらに説得力のある職務経歴書を作れるようになると思います。

 

↓SNSやLINEで記事を教える。

 
トップページ 仕事探し&転職 女性の資格 ブラック企業