転職で精神的な余裕ができた

「転職」がわたしにくれたもの〜接客業から事務職へ〜

接客業で新卒採用された私。

 

大学卒業前にも接客のアルバイトを多数こなしていたので、業務自体に不安はありませんでした。

 

土日に休みがなく、平日不定休という条件も特に不満はなく、ある程度の期待を持って入社したのをよく覚えています。

 

しかし、現状は思ったよりも悲惨でした。

 

1日12時間以上の勤務は当たり前。

 

休憩も1時間あるかないかで、ずっと立ちっぱなしの状態は、体力に然程自信が無かった私にとって、とても苦痛でした。

 

それでもお客様から「ありがとう」と言われれば嬉しいもので。

 

その言葉があったから、入社から数年は頑張れたんだと思います。

 

けれど、それも長くは続きません。

 

結局、長時間の立ち仕事が原因で足を悪くしてしまい、医師から退職を勧められました。

 

その時やっと自分の中でも踏ん切りがついて、上司に報告し退職の道を選びました。

 

転職活動自体はものの2週間で終了。

 

次の仕事として私が選んだのは、座ったままできる事務の仕事でした。

 

給料は前職に比べマイナス数万円という条件でしたが、自分の健康とは引き換えにできません。

 

加えて、残業も少なく社内の人間関係も良好。

 

今までは当然のように勤務中だった夜7時〜12時の間も、家事が終われば自分の時間として使うことができます。

 

次第に心の余裕も生まれ、壊した体のケアも順調に進むようになりました。

 

お金の余裕は少しなくなりましたが、今の職場で事務職としての経験を積んでからステップアップ、ということも不可能ではありません。

 

転職は私にとって、健康と心の余裕を与えてくれました。

 

まだまだ人生は長い。

 

自分の『これから』のために決断した私を、今は少しだけ褒めてもいいかな、と思っています。

 

エステシャンからスポーツジムのインストラクターに転職しました。

 

高校を卒業してからいろいろな業種のアルバイトをしましたが、その後エステシャンとして就職しました。

 

もともと美容や健康に興味があり、自分がきれいになりたいという気持ちが強くあったのでエステシャンの仕事を選びました。

 

最初は美容に関するさまざまな知識が習得でき、とても楽しかったのですが、やはりエステシャンも収入は自分の営業成績次第ということがわかりました。

 

一所懸命お客様に施術していても、来るのは一回限りで続けてくるお客さまが来ないと成績が上がりません。エステシャンとしての勉強も必死にし、先輩の仕事ぶりを真似して頑張ったのですが、肉体的にしんどいわりにはなかなか思うように収入につながらず、転職することに決めました。

 

次に就職したのはスポーツジムのインストラクターです。

 

以前から運動が好きで毎日のジョギングと腹筋、背筋、ストレッチはかかさない生活を送っており、自分に合っているのではないかと思い決意しました。
スポーツジムでの主な仕事はお客様に器械の正しい使用方法を教えたり、怪我をしない運動の仕方、体調の整え方など多岐にわたっています。

 

館内の清掃業務やパソコンでの業務のその中に含まれています。もともと人と接することが好きだったうえでに、自分の趣味を仕事にすることができ、一石二鳥で今では転職してよかったと思っています。

 

勢いで同業種に転職してみて、結果的には良かった。

 

会社の人間関係にほとほと嫌気がさし、違う部署への異動が決まっていたのですが会社そのものが信じられず転職をしようと職を探し始めました。

 

新しい環境で何もできなくなる異動の前に転職したい、とこちらは必死。初めてだったのでエージェントを活用することにしました。エージェントもたくさんあり、とりあえず数社にお願いしました。

 

自己分析などというものは全て始まってから開始し、志望動機を考えることに精一杯という状況でした。

 

活動の中で、転職はとにかく時間確保が大事ということを痛感しました。働きながら履歴書、職務経歴書作成や面接に行くことは実際にやってみないとわからないことでした。

 

結局2ヶ月足らずで同職種内で転職することができたのですが、年齢的にも色々なことにチャレンジできる可能性のある年齢だったので、もっと他の業種や職種を見て考えるべきだったのでは?と転職した後に思っていました。

 

しかしながら、結果として何もわからずほぼ勢いで転職した現在の会社がとても私にあっており、良い選択ができたと思っています。

 

その時は深く考えていなかったのですが、偶然にも女性が働き安い企業であったことはラッキーでした。会社を変わることということがあまりわかっていなかったからゆえに、あまり深く考えすぎずに転職の決断ができたのだと思います。

↓SNSやLINEで記事を教える。

 
トップページ 仕事探し&転職 女性の資格 ブラック企業