キャリアコンサルタント

キャリア・コンサルタントを活かしてハローワーク勤務

 

ちょうど10年ほど前に「キャリア・コンサルタント」の資格を取得しました。当時営業職に就いていたのですが、将来的にこのハードな仕事をずっと続けて行けるのか不安に感じ始めていて、何か効果的な資格は無いか探していました。

 

そんな時たまたま「無料転職相談」のコーナーがあり相談に行ったところ、対応してくれた人がキャリア・コンサルタントの有資格者で、自分のように仕事に不安を感じている人の役に立てる仕事と感じ、早速資格取得に取組みました。

 

今でこそ国家資格になっているキャリア・コンサルタントですが当時はまだ民間の検定試験レベルで、しかも複数の団体が認定を行っているような状況でした。

 

「この仕事は知識ではなく何より経験。資格の認知度も低いし肩書なんて重要ではないから、とりあえず取り易そうな団体を受検しよう」と考え、地方在住の私でも通えて費用も安い団体を選び受検しました。費用は割引や教育訓練給付制度も活用して10万円弱だっと記憶しています。

 

しかし勉強中から「この資格を取っても実際どこで働けるだろうか?都会のように転職支援会社があるわけでもないし、未経験で人事総務に転職出来る可能性も低い。ハローワークみたいな所で働きたいけど公務員だし・・」と悩んでいました。

 

ところがハローワークでも嘱託職員として就職相談の業務に就けるということを資格取得後に知り、求人を探して見るとちょうど地元のハローワークで募集が掛かっていました。しかも、これも後で知ったのですがこういう公的機関は資格を重要視する傾向が強いようなのです。

 

確かに何かあった時に知識・能力を公的に証明するには資格が要項ですから、こういう考えになるのでしょう。結局この資格を持っていたおかげで、地元で就職支援をするという希望の職に就くことが出来ました。もちろん正規職員ではないので何時までも勤めることは出来ませんが、ハローワークで多数の就職相談に応じたという経験はその後の仕事でも活かされています。

 

 

金融知識0からの、証券外務員1種取得。

 

ある日登録していた派遣会社の求人サイトで「大手証券会社のコールセンター」の仕事を見つけ、募集要項を見てみると、月給22〜26万円でなかなかの好待遇。

 

条件には「証券外務員1種取得要」とありましたが、取得するための勉強は会社がバックアップしてくれるとのこと。

 

受験の為の講習会を受講中も、お給料がもらえるというのも魅力的でした。早速面接を受け無事に採用が決まり、久しぶりの受験勉強の日々が始まりました。

 

私は株や投資信託などに興味を持ったことすらなく、金融知識はゼロでした。まず証券外務員2種を合格すると、1種の内容は8割はカバーできるとのことでした。

 

支給された参考書を元に講師の話を聞きますが、知らない言葉ばかりで全く意味が分からず泣きたくなりました。結局参考書だけでは理解できず、ネットで用語を調べたり、スマホで証券外務員試験勉強のアプリを取ったりし、何とか理解に努めました。試験が近づくと、eラーニング(これも会社が受講料を負担)で何度も予想問題を解き、やっと合格点になってきました。

 

後から思えば、このeラーニングでやった予想問題がかなり実際の試験にも出題されていたので、試験の合格のみを考えればこれをやっておくだけで良いかもしれません。

 

参考書から学ぼうとすると、難しい用語の内容や仕組みを理解しようとしてしまい無駄が多かったように思います。こうして証券外務員2種が合格し、1種の勉強はほとんどeラーニングの予想問題にしぼって解きまくり、無事に1種も合格できました。eラーニングの予想問題は時間も計れるし、採点や解説もすぐに分かるのでオススメです。

 

でも1番大変なのは証券会社に入社してからの研修です。試験勉強の知識は序の口にすぎませんでした。

 

 

QC検定取得体験談

 

日本規格協会が実施しているQC検定を取得しました。きっかけは前職にて品質管理に関する方針が年々厳しくなり、その一環としてQC検定受験を奨励されるようになったからです。まずは3級から受験し、無事に合格しました。

 

試験内容自体はそれほど難しくなく、過去問を1度か2度の勉強で十分合格できるレベルだと思います。

 

実際、自分も仕事が忙しかったこともあり、ほとんど勉強できませんでしたが、取得できました。

 

ただ、3級では会社によるとは思いますが、実務に応用できるようなことはほとんどなく、ただ会社から言われたから受験し、持っているというレベルのものでした。これが1級とか2級のレベルであれば、より実務に応用できるのかもしれませんが、前職の会社ではとりあえず持っていればOKというような方針だったため、上位級を受験することはありませんでした。

 

前職を退職し、転職するうえで履歴書等にQC検定3級を持っていると記載しましたが、面接したほとんどの会社で「QC検定とは何か?」というようなことを聞かれました。

 

そもそも自分も前職の会社から言われるまで「QC検定」なるものが存在していることも全く知らず、この資格の知名度はどの程度のものなのだろうかと疑問を持っていたのですが、業界によるかもしれませんがやはりメジャーな資格ではないように感じました。

 

世の中として品質重視という中で、持っているに越したことはない資格だとは思います。しかし、とくにアピールできるような資格ではないような気がしますし就職・転職するために取っておくということは不要と感じています。むしろ、会社の中で仕事をしていくうえで必要に応じて取得するという方針で十分な気がする資格です。

 

 

↓SNSやLINEで記事を教える。

2106年から国家資格に!キャリア・コンサルタントを活かしてハローワーク勤務関連ページ

女性が一生食べていける資格にはどんなものがあるのでしょうか?
30代の女性が資格取得の勉強に打ち込む前に読んで欲しい「資格について」の個人的な見解。
日商簿記2級は使えるのか?資格の体験談。
保育士や幼稚園教諭を取得した体験談まとめ。
介護系の資格を徹底解説!「ケアマネージャー」から「介護職員初任者研修」「実務者研修」などのまとめ。
医療事務の資格まとめ。国家資格ではないが全部で10種類以上!「メディカルクラーク」から「医療事務管理士」まで医療事務のまとめ。
【保育の資格】チャイルドマインダーとは?求人や資格についてまとめてみました。
色彩検定ってどんな資格?難易度や日程など概要や体験談のまとめ。
技能検定ってどんな資格?技能検定についての体験談まとめ
建設業経理事務士1級の資格を取得し転職に有利でした
調理師免許。父親のお店を継ぐために調理師免許を取得することに。
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格まとめ。難易度や取得後の話など体験談まとめ。
ネイリストの資格や仕事内容についてのまとめ。「ネイル検定」や「ネイルスペシャリスト技能検定試験」についてのまとめ。
エステティシャンの資格ってどんな資格?費用や働きながら取得した体験談などのまとめ。
美術・デザイン系の資格まとめ。
TOEICは仕事や転職に役に立たない!?トイック体験談。
ITパスポート試験の概要や、取得した体験談をまとめてみました。
取得難易度がやさし目の心理カウンセラー資格を取得して、カウンセリングの開業をするには。
いろいろな資格の体験談まとめ。
Web系・インターネット・プログラム系の資格まとめ(体験談)

 
トップページ 仕事探し&転職 女性の資格 ブラック企業