30代の女性転職

女性の転職の限界ラインは30歳?35歳ごえ!?

一昔前には一般的に35歳を超えると転職が厳しくなる・・・ということで35歳限界説が非常にはこびいっていたと思います。

 

10年ぐらい前の話になりますが、私の知りあいの方も「35歳を超えてしまったら転職するのは、やっぱり難しくなるよね・・・」という話を聞いたことがあります。求人数が大きくへるとのことでした。

 

ちなみにこの35歳説は男性社員の話で、女性の場合「30歳限界説」なんていう言葉も聞いたことがあります。

 

いま、実際のところはどうなのでしょうか?

 

いろいろ調べてみましたが、結論としては10年前、15年前と比べると、遥かに30歳や35歳でも転職がしやくすなっています。

 

女性の社会進出も社会問題になっているぐらいで、女性の就業率も上がってきています。また、時短労働などの働き方も導入されていて、以前よりもハードルはかなり下がってきている。という感想を持ちます。

 

ここでは女性の転職限界説についてまとめてみたいと思います。

 

転職の平均年齢は上がってきている

 

一昔前に比べて、転職年齢はそうじて平均年齢が上がっています。そして30代以降の世代の割合が増えてきています。

 

下記に相反する2つの記事を紹介していますが、キャリア次第では十分転職が可能ということで、このような特集がある自体、やはり前より「限界」はなくなってきているのかなと思うところもあります。

 

女35歳、「転職限界説」は本当か?

「転職ができるかどうかは、年齢よりその人のキャリアの問題。特に景気が好転している今、即戦力になる人材が求められていますから、30代後半はもちろん、40代でも50代でも実力があれば転職は十分可能です」。

 

女性の「30歳転職限界説」は本当だった!?

ひと昔前ですと、30歳以上の女性の方については、求人票には書いていませんが、採用をためらう企業が多かったと感じます。実際、具体的にそのようなことを言われたことも多々ありました。

 

一部の職種では働き手が足りない?労働人口の変化も追い風に。

 

日本では以前から少子高齢化がすすんでいますが、それに伴って労働人口が減り、そして働き手の平均年齢があがっている状態になっています。業種によっては平均年齢が50代、40代というのも珍しくありません。

 

退職する人が多いあまりに人材の担い手が足りていないというニュースや、バイト不足によってアルバイト賃金が上がっているニュースなどがその一例です。

 

転職者の平均年齢が上がっていることは、このような人口構造の変化も背景にあるのかもしれません。

 

 

転職の体験談。

 

体験談その1.面接マニアになれば転職も苦痛じゃない!?

 

私はこれまでに何度も転職をしてきました。

 

やる気のない上司、自分は動かず顎で使う上司、開店時間なのに普通に遅刻する上司、人の個人売り上げを自分のものにしてしまう上司…

 

その他諸々色々ありましたが。

 

色々な面接を受けては落ちての繰り返しがあったりで思ったのが、面接って面白いなと思ったんです。

 

面接って普段入れない会社だったり施設だったりしますよね。普段入れない所に面接の一時だったとしても、その場所、場所の風景だったりが見れるので楽しいなと思ったんです。

 

なので落ちたりするとショックですがそういう風に楽しむのも有りかなと思ったんです。

 

求人広告を広げて“あっ、この場所にこんな施設が建つんだ”などそういう早めな発見もできますしそういうとこも楽しめる部分があるなと発見しましたし。

 

一番強烈に残った面接が、面接担当の方が時間を間違え私は予定の時間の三時間前に来てしまった事です。

 

それからどうする事も出来なかったので予定時間まで待ちました。時間を間違えた方からはすみませんの一言もなくそのまま何事もなかった感じになりました。

 

正直カチンときてしまいましたが面接も無事終わり結局その場所に就くことはなくモヤモヤしたという出来事がありました。

 

本当に面接マニアになるくらい色んな場所に行き色んな風景を見れた事にはいい経験したなと思います。

 

落ちても悔いはないです。

 

これが私の転職するまでの苦しい状況をやわらげるひとつの方法です。

 

 

体験談その1.派遣から関連会社の正社員へ転職成功!と思ったら…

 

33歳、社会人経験15年です。私はこれまでに5度の転職を経験しています。

 

転職のたびに色々なエピソードが生まれますが、中でも一番強烈に印象に残っているのは大手企業の派遣社員から関連会社へ転職した頃の事です。

 

結婚して3年目、二人目の子供が生まれ半年も経たないうちに知人からパート事務員のオファーをもらい働き始めました。

 

難なく4年が過ぎたころ、社長の病気によりやむなく転職活動をすることになってしまいました。

 

家族からフルタイムで働くことを勧められていたのもあり、ハローワークに通いながら派遣会社にも登録を行いました。

 

そこで見つけたのが、1年間の期限付きの大手企業の事務職でした。

 

産休の代務だったので、社員の方が1年を経たずに戻ってくればそこで契約終了という話でした。実際、その方は1年経たずに復帰したのですが、タイミング良く他部署で人手が不足していた為、契約通りの1年間働くことができました。

 

企業の方からは実力を買っていただけて、一部で正社員化の話も出ていたようなのですが、結局はコストをかける余裕がないという理由で正社員にはなれませんでした。

 

ちょうど契約終了まで残り1か月を切った頃、派遣先の企業の設備工事を請け負っている関連会社の社長に声をかけられました。

 

「うちの会社で、正社員として働いてみない?」と。

 

1年間頑張ってきた分やるせない気持ちがあった私にとっては、この上なく嬉しい話でした。

 

何度か雇用条件の確認をした後、企業側にも了解を得てその会社に転職を決めました。

 

あの頃は本当に神様に感謝したい気持ちでいっぱいでしたが、後にこの社長との仕事に対するスタイルや実際の雇用条件が違いすぎて、結局また転職する羽目になりました。

 

この1件で私が得たのは、「美味しい話にはウラがある」という教訓です。

 

 

気がつけばアラサー。仕事を探している30代女性まとめ。

↓SNSやLINEで記事を教える。

 
トップページ 仕事探し&転職 女性の資格 ブラック企業